感動!その一言に尽きる

投稿者: | 2017年4月15日

両親が共働きで家にいる時間少なく、夕ご飯は基本的には自分で作ることが多かった学生時代に出会った自分の中では革命的な味、それが「いくら醤油漬け」当時は白ごはんに電子レンジで温めて簡単に食べられる冷凍食品との組み合わせがスタンダードでした。しかし、あるとき父親がいくらの安売りだったとかでたくさんいくらを買ってきてくれたのを覚えています。「これで美味しいご飯がたべられるぞ」とかなんとか。私はそのイクラをふんだんに使ったいくら丼で満足していました。しかし、まだまだいくらがたくさんあり同じ食べ方では飽きてしまうと思い、いくらで美味しい料理というキーワードでネットに検索をかけ出てきたのがこのいくら醤油漬け。作り方も簡単だしということで見よう見まねで作ってみたら、はい、何も言うことはありません「感動」その一言に尽きますね。

いくら醤油漬けを家族は勿論友人にも振る舞ったところ、美味しい!作り方を教えて欲しい!とたくさんの感想を頂き私はそこから料理に目覚めていくことになっていくのですが、やはり私が料理にはまった原点でもある「いくら醤油漬け」をもっともっと美味しく作りたいと思い、いろいろなことに挑戦していきました。良いいくらでは味は変わるのか、いい醤油を使えば風味がでるのかはたまたお酒を使えばコクがでるのかなど子供ながらに夢中になって取り組んでいました。そして私はプロのいくら醤油漬けを一度食べてみたいと思い、お店を探したのですが見つからず仕方なくネットでいくら醤油漬け通販なるものがあることを知り、試しに購入。味は勿論香りも見た目もレベルが違い感動したのを覚えています。今でも味を超えることは出来ませんが料理を好きになれたきっかけをくれた「いくら醤油漬け」には感謝しています。ありがとう。