娘のおしゃれ願望

投稿者: | 2016年5月30日

私には、娘がいます。
3人子供がいて、そのうち一番上の子が娘なのですが、現在小学二年生。
今までは、下の弟たちと取っ組み合いの喧嘩をしたり、お風呂あがりに裸で走り回って騒いだり、男も女も関係ない!楽しければ良い!といった感じでしたが、最近になって急に「女子感」が芽生えてきたようです。
出かける時の服装にこだわったり(娘なりのセンスで)、ヘアアクセサリーも洋服の雰囲気に合わせて選んでみたり(あくまで娘なりのセンスで)、とにかくおしゃれで可愛いものが良い!そうで、それは時に母親の私には、到底理解できない組み合わせだったりします。

そんなわけで、自分が女の子で、女の子は可愛くいなくてはならないと考えている娘にとって、どうにもできない悩みの種が一つあるらしいのです。
それが、眼。
眼というか、まぶたですね。
娘は、一重まぶたで、主人(パパ)に似ているとよく言われます。
アニメやテレビ番組では、可愛い女の子はだいたい目の大きいぱっちり二重のお顔ですよね。
そこに気づいた娘が、「ねぇママ、どうして私はこういう目なの?二重が良い!」
と言いだしたのです。
これには私も戸惑ってしまい、「でも◯◯(娘の名前)は、すごく可愛いよ。ママは◯◯の目、好きだよ!」と返したのですが、娘は納得していない様子。

「ママは二重で良いな?。」
それ以来、ことあるごとにそんなことを言われます。
まぁ、小学二年生ですから、そこまで深く真剣に悩んでいるわけではなさそうですが・・・。
でも、ママはそんな娘の心配をのほほんと見守っています。

きっと大丈夫。
なぜなら、私の小さい頃の写真は、今の娘にそっくりなのです。
私は現在ぱっちり二重ですが、子供の時は一重だったのです。
自分でも、小さい頃にまぶたのことで悩んだりしたこともありましたが、成長とともに自然と二重になったのです。
人間って不思議。

娘の今の悩みも、成長とともに解消してくれるでしょう。
少しでも娘の力になれるように二重にする方法も試していこうと思っています。

女の子って、小さくてもちゃんと女の子なんですね。
もう少し大きくなったら、娘と一緒にお化粧や洋服のコーディネートのことであーだこーだと楽しみたいです。
いつまでも、きれいなママでいるぞ?!