よくあること

投稿者: | 2016年5月27日

私は何かををしたり考えたりすると、そのことに没頭してしまいます。本を読んだら時間を忘れ、趣味の手芸をするとひたすら完成を目指し、ゲームをすると気が付くと夜でしたということがよくあります。

食事を作るのも食べるのも、うっかり忘れて一日中でも続けています。家族が帰ってきたのに、電気もつけずになにをやっていたのかとあきれられることも多いです。そこで気が付いたら慌てて食事の用意を始めるのですが、気が付いたら「ごはんできたよ。食べよう」と声を掛けられるということもあります。この夢中になって他のことを忘れてしまうのは、困ったことではありますが、それだけ夢中になれるものがあることは良いことかなと思っています。

研究者なったら役に立っただろうけれどねといわれます。この夢中になってしまう性質は、細かいところでも出てしまいます。人と話をしだすと、もう話をしていること以外のことは忘れてしまっているので、いろんなことをうっかり忘れてしまっています。普段の生活では、困らないことも多いですが、困ることも多いです。悩むということにも没頭してしまうので、関係はないのかもしれませんが、白髪もとても増えました。家族が私のこの状況を、「うっかりさん」としてくれて、理解があるのが、とてもありがたいなと思っています。場合によっては、家族の危機になってもおかしくないのかなと思いはしています。悩むことにも没頭するので、そのことにも悩んだことはあります。しかし、そんなわたしをみて、家族はわたしはわたしのままでいいと言ってくれました。ただ、うっかりで怪我をしたりしないようにはしてね、ご飯は食べるんだよと。本当にありがたいです。そんな家族のために、うっかりは減らそうと試みています。最近物忘れ防止サプリなるものを発見したので飲んでみます。
しかしすぐにうっかり飲むのを忘れますけれど。