若いって素晴らしい、若さを保つ秘訣。

投稿者: | 2016年5月20日

30代に突入して、急に自分はもう若くないなと感じるようになりました。

20代のころは会社にいても若手の方だったし、飲み会などに出かけても年齢を言えば「若いな~」と言われることが多かったのに、もう誰も若いなんて言ってくれません。

周りから言われる以外にも、20代までは少々寝なくても元気だったり、病気なんてあまりしなかったし、美容のことを気にしつつも、少しでも綺麗になる為にしていたことでした。

20代の頃はそれが当たり前だったので特にいいことだとも感じていなかったのですが、30代に突入すると、体が疲れやすく、風邪もしょっちゅうひくし、しかもなかなか治らない。

美容も気にしなくてはいられなくらい化粧の乗りが悪くなったり、シミが気になったり、綺麗になる為というよりは、少しでもマシに見せるためにやるしかないようになってきました。

ファッションも以前は好きな服を着ていたのですが、最近は若作りしていると思われないように、年相応のフアッションをするように何よりも清潔感があるように心がけています。
今なら心から言える「若いっていいなー」と。でもこれから10年経てば今の事を振り返って30代はあれでも良かったんだなと思うはずなので、まだまだ気分だけは若くいたいものです。

結婚し、妊娠した時に会社を辞めて専業主婦になって家にいる時間が増えて、育児に忙しくなったからか、若い頃には分かっていた世間のニュースや流行にも疎くなってきたので、このままではより老け込んでいくのではないかという危機感も持ち始めました。

出来るだけ家に籠らず世間との交流を持つために、買い物に出かけたり、近くの子育て支援センターに出かけるようにしたら、それだけでフアッションやメイクも気にするようになったので、外に出て人と触れ合う事が自分には若さを保つ秘訣なのかと感じる今日この頃です。

いつまでも気分だけでも若々しくいたいと思います。